ゲームとの出会い

2010年1月18日

ゼルダとの出会い

Filed under: 未分類 — tousenkaname @ 9:36 AM

いくら良質なゲームを作っても売れない時代に突入か? そう思ってしまう出来事が発生している。任天堂の人気ゲーム『ゼルダの伝説 大地の汽笛』がインターネットオークションサイト『Yahoo!オークション』(以下、ヤフオク)に80本も出品されているのである。80本は問屋が販売店に納入するときの箱に入っている数で、80本で1箱として販売店に売られている。つまり、出品者は箱ごと『ヤフオク』に出品しているのだ。しかもすでに落札した人がおり、落札価格は206999円となっている

『ゼルダの伝説 大地の汽笛』は税込みで4800円なので、80本を定価で買ったとなると384000円となる。今回は約20万円で落札されていることから、1本2500円で販売したことになる

『ゼルダの伝説 大地の汽笛』は発売から数日で極端な値崩れを発生させており、3000円前後で販売している店もあったほど。しかも『ゼルダの伝説 大地の汽笛』を80本出品した人物は、また新たに80本を出品している。いったい何本の『ゼルダの伝説 大地の汽笛』の在庫を抱えているのだろうか?

このことについてゲーム雑誌編集者にお話をうかがったところ、「ロールプレイングゲームは発売日から数日でドンと一気に売れない と元が取れない。FF13でさえ2週間で売り上げが急落しましたからね。これからはロールプレイングゲームより長く遊べて長く売れる『トモダチコレクショ ン』などのゲームが会社を支えるようになるでしょう。もしくは、予算をあまりかけずに作ったゲームですね」とのこと。

面白い、面白くないは主観だろ
という突っ込みは置いといて

俺は逆に、最近は長く遊べるゲームが多すぎなんだと思うが

ドラクエ9
ポケモン不思議なダンジョン
ポケモン金銀
ファンタシースターポータブル2
世界樹の迷宮3
年内に恐らくメダロットDS

どれも200時間くらい遊べるのに、3ヶ月間隔で出されると非常に困る
(ポケダン買ったのは最近だが)

俺は、昔のゲームが圧倒的におもしろい訳じゃないと思う

子供の頃はせいぜい一本しかゲーム買ってもらえないから、一本のゲームを隅々まで遊ぶわけでしょ

それだけじゃなく、周りの子供も一本しか買ってもらってないから、みんなでずっと同じソフトをやるわけだ

周りが同じゲームをやってるってのは、面白さの基準としてかなり重要だと思うんだよね

そしてトドメのセーブデータ消失
たくさん遊んだソフトをまた一から楽しめるわけだ
昔のドラクエのが楽しかったとかは錯覚だと思う
何回もやったゲームじゃなくて、何回もやらされたゲームなだけだろ

最近のゲームは発売日だけ祭りになって、同じ角度で盛り下がるから、ゲームのモチベーションが続かない気がする

だから、そんなにクソゲーばっかな訳じゃないぞ

女性とツーショットでテレホンセックスを楽しみたい人におすすめのサイトがこちら
http://igexgwymy.info/
追加料金なしの無料通話で話し放題!

広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。